太田記念美術館

原宿にある浮世絵を専門とした美術館です。浮世絵ならびに展覧会に関する情報をお伝えします。画像は表記がないものは太田記念美術館所蔵です。HPは http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/、twitterはhttps://twitter.com/ukiyoeota

浮世絵美人が異世界に紛れ込んでしまったお話

歌川国芳の「近江の国の勇婦於兼」。この浮世絵はとても奇妙です。 左側にいる「勇婦於兼」という女性は、典型的な美人画のタッチで描かれた、浮世絵ではよく見かける、あ…

江戸の発展は〈埋め立て〉抜きには語れない ー「江戸の土木」展②

家康の江戸入府と埋め立て 今回のテーマは「埋め立て」。江戸の発展は、常に埋め立てとともにあったと言っても言い過ぎではありません。まず天正18年(1590)の家康江…

「月岡芳年ー血と妖艶」展 スライド・トーク オンライン配信 まとめ

太田記念美術館にて、2020年8月1日~10月4日に開催中の「月岡芳年―血と妖艶」展。これまで、展覧会の見どころを学芸員が紹介するスライド・トークは大変ご好評をいただい…

葛飾北斎は現地を取材しているか、検証してみた

葛飾北斎が日本全国の滝を描いた「諸国瀧廻り」。かの「冨嶽三十六景」を制作した直後の天保4年(1833)、数え74歳の時に制作した、全8枚からなるシリーズです。 その中…

江戸時代のスズメたちの世界に潜入してみた

顔はスズメなのに、体は人間。不思議な姿をした鳥人間たちを描いた、歌川国芳の「里すずめねぐらの仮宿」。 動物を擬人化させることが得意だった、歌川国芳の代表作の一つ…

橋は江戸のランドマーク  ー「江戸の土木」展①

原宿の太田記念美術館では10/10より「江戸の土木」展を開催。近年、土木工事によって造られた地形や構造物に、マニアックな楽しみを見出す人たちが増えています。また東京…