【オンライン展覧会】「没後160年記念 歌川国芳」〈PARTⅠ〉憂き世を笑いに!ー戯画と世相
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【オンライン展覧会】「没後160年記念 歌川国芳」〈PARTⅠ〉憂き世を笑いに!ー戯画と世相

画像2

太田記念美術館にて9/4~10/26まで開催の「没後160年記念 歌川国芳」展のうち前期展示にあたる、9/4~26「PARTⅠ 憂き世を笑いに!ー戯画と世相」の展示作品・全80点の画像、ならびに作品解説を、美術館の入館料と同額の1,000円にてご覧いただけます。

10/1~24「PARTⅡ 江戸っ子を驚かす!ー武者と風景」については、10月上旬ころに別途有料配信をする予定です。なお、前期と後期では作品は重なっておりません。

note上では、画像をクリックすると、より大きなサイズでご覧いただけますので、美術館で実物をご覧いただくような感じでお楽しみいただけます。
このオンライン展覧会の入館料は1000円です。無料公開部分の下にある「記事を購入する」をクリックしてご購入ください。

この記事の販売は、2021年11月28日(日)までとなりますが、ご購入された方は無期限でご覧いただけます。この記事の削除後(販売終了後)は、[購入した記事]もしくは[購入履歴]のページからアクセスするか、購入時に配信しているメールからご覧ください。

いつでも、どこでも、お好きな時に「没後160年記念 歌川国芳」展をご鑑賞ください。


はじめに

歌川国芳(1797~1861)は江戸時代後期に活躍した浮世絵師です。国芳は10代後半で浮世絵師としてデビューし、売れない不遇の時期を過ごしたあと、30代前半で描いた「通俗水滸伝豪傑百八人之一個」シリーズで大ブレーク。以降は勇壮な武将を描いた武者絵や、コミカルな笑いを描いた戯画をはじめ、風景画、美人画、役者絵、子供絵など、ありとあらゆるジャンルを精力的に手掛け、多くの弟子も育てて浮世絵界を牽引しました。
また国芳は天保の改革の影響下における不安定な世情の中で、精力的に浮世絵を描いたことでも知られています。時に作品が当時の幕政を暗に風刺しているとして絶版になったり、奉行所に呼び出されることもありましたが、国芳はそれにめげることなく、江戸っ子に笑いや驚きをもたらす戯画や武者絵を描き続けたのです。
昨今ではコロナ禍により人々の楽しみが制限され、閉塞感のある状況が続いていますが、このような時代にこそ、国芳の底抜けに明るい作品やポジティブに生きる姿勢が、現代の私たちにも強く訴えかけてくるのではないでしょうか。
2021年は歌川国芳の没後160年にあたります。この記念の年に国芳の生涯と作品を改めて紹介し、その魅力に迫ります。

Ⅰ 笑いを描く

歌川国芳の多彩な画業の中で、武者絵と並んで真骨頂と言えるのが笑いをテーマにした戯画でしょう。天保(1830〜44)後期ころから、国芳は自身が愛でた猫はもちろん、狸や狐、鳥や蝙蝠、蛙や魚介、植物から玩具まであらゆるものを擬人化し、見るものの笑いを誘う作品を描きました。他にも人や猫などが集まって形を作る寄せ絵や、人々の面白おかしい表情を捉えた作品など、国芳のユーモアと想像力の豊かさには驚かされるばかりです。
また本章の後半では、天保改革による浮世絵への厳しい出版統制にも負けず、国芳がいかに創意をこらした作品を描き続けたかについても紹介します。


№1 三段目 団扇絵判錦絵 天保12年(1841)頃 個人蔵

画像154

擬人化された猫の役者たちが、「仮名手本忠臣蔵」三段目の「足利館門前 進物の場」を演じている。二代目市川九蔵の加古川本蔵、四代目中村歌右衛門の高師直など、猫の顔が役者の似顔となっている。主君桃井若狭之助のために高師直のご機嫌を取ろうと家老の加古川本蔵が、足利館城外で賄賂の進物を師直に贈るという場面。進物(わいろ)も「かつおぶし一連」「結蛸三重」「またたび三袋」など猫の好物尽くしになっている。


№2 たこさかな 団扇絵判錦絵 天保12年(1841)頃 個人蔵

画像154

「仮名手本忠臣蔵」を題材とした作品。本図は、「七段目 祇園一力茶屋の場」で、斧九太夫が由良之助の本心を試そうと、塩冶判官の逮夜に精進にふさわしくない蛸を勧める「蛸肴」という場面。ここでも国芳得意の役者似顔の猫で擬人化され、大星由良之助の似顔は初代沢村訥升、斧九太夫の似顔は初代嵐冠十郎(天保十二年末、二代目嵐猪三郎に改名)などとなっている。衣装模様や家紋も、蛸や小魚、鯰など猫の好物が施されている。


№3 流行猫の戯 梅が枝 大判錦絵 弘化4年(1847)頃 個人蔵

画像154

遠州中山にある無間山観音寺にある「無間の鐘」をつくと現世では富を得るが来世では無間地獄に落ちるという伝承がある。歌舞伎「ひらかな盛衰記」四段目の「神崎揚屋」では、夫の梶原源太を養うため遊女になった梅が枝が、夫を頼朝の挙兵に出陣させるため、質入れしていた鎧を受け出すのに必要な三百両の工面に苦慮している。図は梅が枝が手水鉢を無間の鐘に見立てて柄杓で打つと、二階から小判が降ってくるという場面のパロディ。梅が枝(似顔は五代目沢村宗十郎)の着物の柄は、猫の好物の鰹節や蛤、手水鉢は蛸で描かれ、降ってくるのは、小判に見立てたアジのひらきというユニークな作品。


№4 流行猫の戯 かゞみやな 草履恥の段 大判錦絵 弘化4年(1847)頃 個人蔵

画像154

岩藤が密書を拾った中老尾上を陥れようと謀り、草履で打ち据えるという、歌舞伎の鏡山物の「草履打ち」と呼ばれる場面をパロディで描く。岩藤の役名は猫らしく「岩ぶち」となっており、五代目沢村宗十郎の似顔。中老尾上は十二代目市村羽左衛門の似顔となっている。国芳は草履の代わりに猫のえさ皿としてよく使われたアワビの貝殻を岩ぶちに持たせており、着物の藤模様も、花びらがいわしの頭となっている。


№5 当流猫の六毛撰 団扇絵判錦絵 天保14~弘化元年(1843~44)頃 個人蔵

画像7

伝説的な和歌の名手である六歌仙を猫に置き換えてユーモアたっぷりに描く。思い思いの体で宴を楽しむ猫と、六歌仙が持つイメージとのギャップが見る者の笑いを誘う作品。それぞれの猫は画面右から「みけんぽつち=喜撰法師」、「大どらの黒ぶち=大伴黒主」、「今夜ハやすむ手=文屋康秀」、「てふ/\てんごう=僧正遍昭」、「あまの子もち=小野小町」、「むぎはらにじやれ 白=在原業平」となっている。


№6 流行猫じゃらし 団扇絵判錦絵 天保12年(1841)頃 個人蔵

画像154

猫たちのなんとも楽しげな宴会の様子を描く。三味線に合わせて、左の猫が手ぬぐいを持って踊り、お猪口を手にした猫がそれを眺めている。絵師の署名はうなぎ、題簽は二匹の蛸で囲まれている。猫の着物の模様もいかやあじ、鈴など、猫の好物で揃えられている。なお、この作品の版元である川口宇兵衛は副業でお菓子の精製販売を手掛けており、本図はお菓子の袋絵である。


№7 心学雅絵得 猫と鼠中 中短冊判錦絵 天保13年(1842)頃 個人蔵

画像154

猫と鼠が楽しげに宴会をしている。猫は皿に盛ってある蛸を鼠に勧めているのであろうか。本来は猫に捕まえられる立場である鼠が、猫と打ち解けた様子でいるのが面白い。題名にある心学とは0江戸中期以降に広まった人間の道徳を説く学問のことで、「雅絵得(おさなえとき)」は、子供のために絵で解説するという意味。讃には「おそろしいものをにゃんとも思はさる心から身をついにとらるゝ」とあり、恐ろしいものを侮っていたばかりに捕らえられてしまう、と教訓めいた言葉が記されている。


№8 猫の当字 かつを 大判錦絵 天保14年(1843)頃 個人蔵

画像9

猫が集まって文字を形作る、いわゆる「寄せ絵」の手法で描かれたシリーズのうち一点。図は「かつを」で、猫とともに鰹が一緒になって描かれる。「か」の字の猫がかぶっているのはお菓子の袋。袋に頭を突っ込みたがる猫の習性は、昔も今も変わらないようである。「つ」の字の鰹は、猫がしっかりと口に咥えているのが面白い。「を」の字の下の方では、二匹の猫が鰹を奪い合っている。

この続きをみるには

この続き: 18,844文字 / 画像145枚

【オンライン展覧会】「没後160年記念 歌川国芳」〈PARTⅠ〉憂き世を笑いに!ー戯画と世相

太田記念美術館

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
太田記念美術館

新型コロナの影響で入館者数が大幅に減少しております。これからも美術館の運営を続けていくため、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

スキありがとうございます!花魁も猫も喜んでいます!
原宿にある浮世絵専門の美術館。浮世絵の楽しさを皆さまにお伝えします。画像は表記がないものは太田記念美術館所蔵。HPは http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/、twitterはhttps://twitter.com/ukiyoeota