見出し画像

浮世絵のキツネたちをご紹介します

先日のTwitterにて、明治の浮世絵師・月岡芳年が「月百姿」というシリーズの中で描いた、キツネの作品を2点、紹介しました。

大変に好評だったため、キツネ好きの方は世の中にかなり多いのでは!?、と思い、早速、他のキツネの浮世絵も紹介してみることにしました。

こちらは歌川広景の「江戸名所道戯尽 十六 王子狐火」。

11961歌川広景 (2)のコピー1

11961歌川広景 (2)1

二足歩行をするキツネたちが列をなしていますが、よく見ると、そこに人間が一人だけ、まぎれています。大きなザルの中にどっかりと座り、腕組みをして、ご満悦の様子です。キツネたちは大名行列ごっこがしたかったのでしょう。男性を化かしてお殿様に仕立てたようです。

男性はお殿様気分なのでしょうか。この楽しそうな表情(ちょっと虚ろな表情にも見えますが…)。

11961歌川広景 (2)のコピー3

キツネたちも笑顔です。化かす方も化かされる方も、ウィンウィンですね。

11961歌川広景 (2)のコピー4

(ちなみにキツネたちは、大名行列で用いられる挟み箱はカボチャで、毛槍はトウモロコシで代用しています。)

11961歌川広景 (2)4

さて、この絵の舞台は王子、現在の東京都北区です。ここには関八州の稲荷神社の総元締めとされる、王子稲荷社がありました。毎年、大晦日の夜になると、各地のキツネたちが、王子稲荷社の近くにある大榎の前に集まったといいます。

王子のキツネを描いた、最も有名な浮世絵が、歌川広景の師匠である歌川広重の「名所江戸百景 王子装束ゑの木大晦日の狐火」です。

4512歌川広重のコピー1

4512歌川広重のコピー

真っ暗な闇の中に、ぼんやりと姿が浮かび上がるキツネたち。幻想的な光景です。キツネたちの頭のそばには、狐火が光っています。近隣の農家たちは、この狐火の数で、翌年の農作物の豊凶を占ったそうです。

画面の右奥を眺めると、さらに無数の狐火が。榎に集まったキツネたちが、身なりを整え、王子稲荷神社へのお参りに向かっています。

4512歌川広重のコピー2

さらに王子を舞台としたキツネの浮世絵として、同じく歌川広重が描いた「東都飛鳥山の図 王子道狐のよめ入」があります。

図1のコピー

場所は王子にある飛鳥山。桜の名所として現在でも有名ですね。桜が満開の中、高貴な身分の人たちの嫁入り行列…、かと思いきや、その顔をよく見ると、みんなキツネ。

3858歌川広重2

3859歌川広重2

3860歌川広重2

空は晴れているのに雨が降る天気雨のことを「狐の嫁入り」といいますが、まさしくこの浮世絵は、キツネたちが嫁入りをする行列の様子が描かれています。空をよく見ると、天気雨が降っています。

3859歌川広重2のコピー2

さて、これまで可愛らしいキツネたちを紹介してきましたが、中には悪い妖怪のキツネもいます。妖怪のキツネと言えば、皆さんご存知の、白面金毛九尾のキツネ。

こちらは歌川国芳の「三国妖狐図会 蘇姐己駅堂に被魅」です。

11886 歌川国芳のコピー3

11886 歌川国芳のコピー

白面金毛九尾のキツネは、中国では殷の姐己、天竺では華陽夫人、日本では玉藻前といったように、絶世の美女に化けて権力者に近づき、さまざまな国を混乱に陥れようとしました。
この絵は九尾のキツネが寿羊女(後の姐己)と入れ替わろうとその精血を吸おうとする場面です。侍女が短刀を抜いて襲いかかりますが、逆に蹴り殺されてしまいます。

怖い顔をしていますね…。

11886 歌川国芳のコピー4

中国では殷の姐己に化けた九尾のキツネ。天竺では華陽夫人、日本では玉藻前に化けますが、月岡芳年が、美しい女性に化けた姿を描いています。

こちらは、月岡芳年の「和漢百物語 華陽夫人」です。

画像16

天竺で華陽夫人という美女に化けた九尾のキツネは、斑足王の寵愛を受け、暴虐の限りを尽くしました。王をたぶらかし、なんと千人もの首を刎ねさせたといいます。生首を冷ややかな眼差しで眺める華陽夫人。憎らしい表情です。

画像18

こちらは月岡芳年「新形三十六怪撰 奈須野原殺生石之図」。

12071月岡芳年のコピー1

日本では玉藻前(たまものまえ)という美女に化けた九尾のキツネ。鳥羽上皇の寵愛を受けますが、その正体が見破られ、栃木県の那須野にて弓矢で射られます。するとその怨念が殺生石という毒を発する石となり、近づいてくる鳥獣たちの命を奪うようになりました。毒に侵されて落ちてくる雁たちを、微笑んだ表情で眺めています。

12071月岡芳年のコピー3

さて、最後に紹介するのは、キツネのせつない物語、葛の葉(くずのは)の伝説です。

安倍保名によって命を救われた信太の森の白狐。葛の葉という美女に化けて、保名と結婚し、童子丸という息子を授かります。しかし、その正体がバレてしまった葛の葉。愛する夫と息子と別れ、信田の森へと帰る決心をします。

こちらは、歌川国芳「木曽街道六十九次之内 妻籠 安倍保名 葛葉狐」です。

12595歌川国芳のコピー

化けていた女性の姿から、キツネの姿に戻ろうとしているところ。体が透き通っています。涙がとまらない葛の葉。目頭を押さえています。

12595歌川国芳のコピー3

幼い童子丸は必死に母親の着物の裾にすがります。母子のせつない別れの場面です。ちなみに、この童子丸が後に陰陽師として有名な安倍晴明となります。

12595歌川国芳のコピー4

浮世絵に登場するキツネたち、いかがだったでしょうか?キツネ好きの皆さんに届けばいいのですが。

なお、最初に紹介した月岡芳年の「月百姿 むさしのの月」と「月百姿 吼噦 」のほか、「和漢百物語 華陽夫人」と「新形三十六怪撰 奈須野原殺生石之図」は、原宿の太田記念美術館にて2020年9月4日~10月4日に開催の「月岡芳年ー血と妖艶」展・後期で展示しています。ぜひ、美術館で実物をご覧下さい。

文:日野原健司(太田記念美術館主席学芸員)

参考文献



スキありがとうございます!嬉しくて蕎麦をひっくり返していましました!
339
原宿にある浮世絵を専門とした美術館です。浮世絵ならびに展覧会に関する情報をお伝えします。画像は表記がないものは太田記念美術館所蔵です。HPは http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/、twitterはhttps://twitter.com/ukiyoeota

こちらでもピックアップされています

共有帳【(。・ω・)フムフム..】
共有帳【(。・ω・)フムフム..】
  • 716本

”スキ“を付けさせていただいたクリエイターさん達の投稿の中から是非とも多くの方々に読んで欲しい、共有したいと思った投稿のまとめ。 (ご迷惑な場合は連絡をいただければ出来るだけ早く共有を解除します。)

コメント (1)
安倍晴明の出自にビックリ。浮世絵初心者にとっては、面白いことだらけです。玉藻前(たまものまえ)という美女に化けた九尾のキツネ以降は、人名等にふりがながふられて、読みやすかったです。浮世絵のタイトル、人名、地名にもふりがながあると、助かります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。