見出し画像

おいしいの視線の先は?―月岡芳年「風俗三十二相 むまさう 嘉永年間女郎之風俗」

5417月岡芳年2

満月の輝く夜、建物2階の縁側で女性がにこやかな表情をしている。右手に持つ串の先に刺さっているのは、天ぷらだ。しっぽがあるので魚であろう。メゴチかキスだろうか。

5417月岡芳年3

染付の大皿に天ぷらが盛られ、縦じま模様のそばちょこには、天つゆがなみなみと注がれている。

5417月岡芳年4

江戸時代の庶民たちに人気のグルメといえば、そば、すし、うなぎ、そして、天ぷらである。江戸の町でいう天ぷらとは、魚介類にうどん粉をまぶして、ごま油で揚げたもの。アナゴや芝エビ、コハダや貝柱などが好まれた。

天ぷらは油を使うため、火事になるのを警戒し、はじめは屋外の屋台で販売されていた。値段も安く、立ったまま気軽に食べる江戸っ子たちのファストフードである。

それが幕末の嘉永年間(1848~54)の頃、この浮世絵が設定している時代になると、衣に卵を使った高級天ぷらを出す店も登場し、座敷でも食べられるようになった。

さて、この作品は、月岡芳年が晩年に手掛けた美人画の代表作である。女性たちの上半身をクローズアップし、うれしそう、寒そう、痛そうといった、心の内面を描き出そうとした揃物だ。

図1

題名となっている「むまさう」とは「うまそう」のことで、天ぷらがおいしそうだという気持ちを、わずかにほころんだ口元と、顎にあてた手の動きで表現している。

5417月岡芳年2

ここで注目したいのが、女性の視線だ。天ぷらではなく、反対側を向いている。おそらく隣には親しい間柄の誰かがおり、天ぷらがおいしそうだと語りかけているのであろう。同じ食事を共有できる人が一緒にいることで、その味は何倍も美味しく感じられるに違いない。

※この作品は、2020年11月14日~12月13日に太田記念美術館で開催の「ニッポンの浮世絵」展に展示しています。

文:日野原健司(太田記念美術館主席学芸員)

初出:『毎日新聞』2020年11月16日(月)夕刊 「アートの扉:発見!お宝 太田記念美術館4」「月岡芳年 風俗三十二相 むまさう 嘉永年間女郎之風俗 うまい共有幸せの口元」

スキありがとうございます!花魁も猫も喜んでいます!
86
原宿にある浮世絵専門の美術館。浮世絵の楽しさを皆さまにお伝えします。画像は表記がないものは太田記念美術館所蔵。HPは http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/、twitterはhttps://twitter.com/ukiyoeota

こちらでもピックアップされています

グルメ 記事まとめ
グルメ 記事まとめ
  • 6本

浮世絵に描かれた食文化の記事をまとめてみました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。